DIYソーラーコントローラ

DIYソーラーコントローラ

シャインEUシリーズは、ソーラーチャージコントローラーの一種で、USB Shine-EUシリーズの12V 10A 15Aは、ソーラーホームシステムやその他の小型システムのニーズを満たすように特別に設計されています。これは、経済的なソーラーチャージコントローラーUSBポート5V 1Aです。 コントローラには5つのLEDが装備されています。通常の操作では、...

お問い合わせを送る

制品の詳細

シャインEUシリーズは、USBを搭載したソーラー充電コントローラ12V 10A 15Aの一種です

シャインEUシリーズは、ソーラーホームシステムや他の小型システムのニーズを満たすために特別に設計されています。これは、経済的なソーラーチャージコントローラUSBポート5V 1Aです。

微信图片_20180723160642.png

コントローラーには5つのLEDが装備されています。通常の操作では、コントローラーは充電状態または放電状態、バッテリー容量および負荷状況を表示します。

微信图片_20180723135005.png

1。        バッテリ容量表示

赤色点灯、バッテリーエネルギー<>

黄色、バッテリーのエネルギー25〜75%

グリーンオン、バッテリーエネルギー> 75%

パーセンテージは、完全に充電されたバッテリに関連する低電圧切断までの利用可能なエネルギーに対応します。

2。        セルフテスト

コントローラにバッテリが供給されるとすぐに、自己診断ルーチンが開始されます。その後、ディスプレイは通常動作に変わります。

3。        作業モード、プログラミング機能

ボタンを長押しするとプログラミングモードに入り、バッテリーグリーンと黄色LEDが点灯し、INFO LEDインジケーターのさまざまな状態が異なるバッテリータイプと作業モードになります。出荷時のデフォルト設定は液体バッテリーとシステムモードです。

システムモードの平均作業24時間です。他の作業モードは、夕暮れから夜明けまでです

4。        低電圧保護

バッテリを深く放電させないために、Shine-EUシリーズコントローラはバッテリ電圧が11.0Vまで下がると自動的に負荷を遮断します。

D2Dモードでは、コントローラが低電圧保護に移行すると、バッテリが再充電され、電圧が再接続電圧(12.5V)に達すると復元されます。

29-1.jpg29-2.jpg


Hot Tags: DIYソーラーコントローラ、中国、メーカー、卸売、安い

上一条: 24V MPPTソーラー充電コントローラ 次条: Bluetooth通信ソーラー充電コントローラ

関連商品

引き合い