RS485ソーラー充電コントローラ

RS485ソーラー充電コントローラ

MPPT2075-DCLi-485は、主にリモートコントロールが必要なソーラー街路灯システムに使用される、RS485通信機能を備えたMPPTブースト定電流防水ソーラーコントローラです。 RS485は、バランスのとれたデジタルでドライバとレシーバの電気的特性を定義する標準です...

お問い合わせを送る

制品の詳細

MPPT2075-DCLi-485は、主にリモートコントロールが必要なソーラー街路灯システムに使用される、RS485通信機能を備えたMPPTブースト定電流防水ソーラーコントローラです。

RS485は、平衡型デジタルマルチポイントシステムにおけるドライバとレシーバの電気的特性を規定する規格です。 この標準を使用するデジタル通信ネットワークは、長距離および高い電子雑音を伴う環境において信号を効率的に送信することができる。 RS-485は、安価なローカルネットワークとマルチドロップ通信リンクを構成することを可能にします。

5.png

RS485は平衡伝送、すなわち差動伝送を使用します。

RS-485の伝送距離は数十mから数kmです。

RS-485インターフェースにより、バスに最大128個のトランシーバを接続することができます。

RS-485データ信号は、バランス伝送とも呼ばれる差動伝送方式を使用します。 それは一対のツイストペアを使用し、一方の線はAとして定義され、他方の線はBとして定義される。通常、ドライバAとBとの間の伝送は正である。 レベルは論理状態である+ 2〜+ 6Vであり、負レベルは-2〜6Vであり、これは別の論理状態である。 信号グランドCもあり、RS-485には「イネーブル」エンドもあります。 「イネーブル」端子は、送信ドライバと伝送ラインの切断と接続を制御するために使用されます。 「イネーブル」端子がアクティブであるとき、送信ドライバはハイインピーダンス状態にあり、「第3の状態」と呼ばれ、すなわち、論理「1」および「0」とは異なる第3の状態である。 また、受信機は、送信端に対向するように構成されている。 受信端と送信端は平衡ツイストペアを介してAAとBBに接続されています。 受信端ABの間に+ 200mVより大きいレベルがある場合、正論理レベルが出力され、これは-200mV未満である。 このとき、負論理レベルが出力されます。 レシーバ受信バランスラインのレベルは通常200mV〜6Vです。

43-1.jpg主画像.jpg


Hot Tags: rs485ソーラー充電コントローラ、中国、メーカー、卸売、安い

上一条: ソーラーコントローラ48v 次条: 防水ソーラー充電コントローラ

関連商品

引き合い